沖縄タイムスふるさと元気応援企画「いめんしょり伊江島んかい 観光・物産と芸能フェア」(主催・伊江村、沖縄タイムス社)が20日午前11時から、那覇市久茂地のタイムスビルで始まる。22日まで。在来品種の小麦を使ったそばやピーナツ菓子などの特産品販売のほか、伊江島の村踊公演やライブなどもある。

伊江島に伝わるアダン葉編みで作られたボークシマ-(アダン帽子)を展示する村役場職員=19日午後、那覇市久茂地・タイムスギャラリー

 開幕前日の19日、会場には色鮮やかなハイビスカスの苗木やアダン葉帽子などが並べられた。準備に追われていた伊江村商工観光課の知念寿人さん(37)は「伊江島の魅力に、多くの人が触れてほしい」と来場を呼び掛けた。

 伊江漁協は飲食コーナーでマグロカツ丼(500円)、サザエのつぼ焼き(250円)などを販売する。八前隆一組合長(40)は「伊江島はおいしいものばかり。自慢の海の幸を食べてほしい」と話した。