沖縄タイムスふるさと元気応援企画「いめんしょり伊江島んかい 観光・物産と芸能フェア」(主催・伊江村、沖縄タイムス社)が20日、那覇市久茂地のタイムスビルで開幕した。22日まで。

オープニングセレモニーでテープカットする島袋秀幸伊江村長(中央)と関係者ら=20日午前、那覇市久茂地・タイムスビル

 在来品種の小麦を使ったそばやピーナツ菓子などの特産品販売のほか、伊江島の村踊公演や島出身のシンガー・ソングライター「Anly」のライブもある。

 同村のフェアは2回目。午前11時の開幕直後から、伊江牛を使った牛丼や牛汁を販売するコーナーに行列ができるなどにぎわった。

 牛丼を頬張っていた沖国大3年の佐久田桃子さん(21)は「普段食べる牛丼と違って、肉がやわらかくておいしい」と話した。