安慶田光男副知事は20日夕、県教員採用試験や県教育庁の幹部人事を巡り、県教育委員会の方針に介入した疑いがある問題で、初めて自ら記者団に説明し「県教委への働きかけを行った事実はない」と疑惑をあらためて否定した。その上で「進退の問題にはならないと考える」と述べ、辞任せず引き続き副知事職を務める考えを明らかにした。

教育委員会への介入を否定し、県民へ不安をかけたと謝罪する安慶田光男副知事=20日午後、那覇市泉崎・県庁

 安慶田氏は「報道により、多くの県民に不安を与え、知事にもご心配をおかけしていることについては、大変申し訳ないと考えている」と述べた。

 その上で「今後はより一層、襟をただし、県民に疑念や誤解を抱かれることがないよう適正に公務に邁進したい」と述べ、続投に意欲を示した。