米軍基地建設の反対運動で、公務執行妨害などの容疑で逮捕・起訴され、勾留が続く沖縄平和運動センターの山城博治議長らの釈放を求めて、ルポライターの鎌田慧さん(78)らが20日、那覇地裁に1万8204人分の署名を提出した。

署名呼び掛け人の鎌田慧さん(左端)と金城実さん(中央)ら=20日、県庁記者クラブ

 署名は12月25日~1月20日、日本を含む66カ国からネットで集めた1万4717人分と、国内で集めた署名3487人分。

 提出後、県庁記者クラブで記者会見した鎌田さんは「微罪での3カ月の勾留は不当で許されない。裁判所が政府の言いなりになって、運動をつぶしている」と指摘。「沖縄ならば勝手放題できるという差別の表れで、法の平等が機能していない」と批判した。

 呼び掛け人の1人で彫刻家の金城実さん(78)は「山城さんを勾留すれば運動をつぶれると考えているならば間違いだ」と強調した。