沖縄県金武町伊芸区にある約2万500平方メートルの田んぼに、ピンクや紫、白のコスモスがじゅうたんのように咲き誇り、見頃を迎えている。コスモスの植え付けは、区が10年前から景観形成や環境保全、緑肥を目的に、稲を収穫後の1~3月まで実施している。

色鮮やかに咲き誇るコスモス=17日、金武町・伊芸区集会所前

 今年で第3回を迎える「伊芸区コスモスまつり」(主催・同まつり実行委員会)が29日に開かれる。区集会所前の田んぼ周辺で、区民が手塩にかけた野菜や島米の販売、区の婦人部や成人会などの出店もある。コスモスを1人20本限定で無料で摘み取れる。

 山里均区長(66)は「昨年より暖冬で2週間ほど開花が早く、現在は八分咲き程度。まつりでは満開になると期待している。足を運んで癒やされてほしい」と来場を呼び掛けた。

 まつりは午前10時~午後5時。駐車場は公民館の運動場や伊芸海浜公園など。問い合わせは区公民館、電話098(968)2147。(伊良波友紀乃通信員)