【郷田まみ通信員】アルゼンチンでソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を活用し、日本や沖縄文化の普及に取り組んでいる沖縄県系3世の女性がいる。ブログ「がちまやー」で多くの人に知られる内間ソレさん(35)だ。彼女のフェイスブックのフォロワーは3500人を超え、インスタグラムのフォロワーも約1400人を超える人気となっている。

ブログを通して沖縄の文化や生活を発信している内間ソレさん=アルゼンチン

 祖父母が沖縄市出身の内間さんは、SNSを介して日本文化、特に沖縄の食文化や生活の様子などを紹介しているほか、アルゼンチン日系社会のイベント告知、写真などを日々アップし公開している。

 ブログ名は、どんな情報も漏れなくキャッチし共有するとの意味を込めて「がちまやー(食いしん坊)」とした。その始まりは、祖父母と過ごした生活がきっかけだったそうだ。

 祖父の内間安清さん、祖母のツル子さんと暮らしていたころは、三線の音を聞きながらゴーヤーチャンプルーやナーべーラー、手作りのおもちなど沖縄料理を食べて過ごしていた。

 そんな祖父母にささげようと2008年に誕生したのが、写真とともに語るデジタル日記のようなブログ「がちまやー」。そこで日本や沖縄の伝統料理レシピの紹介を始めた。

 内間さんは2010年、沖縄市海外移住者子弟研修生として日本を訪れた。親戚との交流を通して生きがいを確認。島独特の食材や気候、文化、精神-これらの全てが合わさって成り立つ沖縄の健康的な生活を実体験した。トロピカルな野菜と果物、さんぴん茶やシークヮーサー、海藻や豆腐、魚介など多くの食材が世界一の長寿の秘訣と語る。

 「祖父母の教えを守ることが私の使命」と語るソレさんの「がちまやー」は遠く離れたアルゼンチンで沖縄の伝統と文化、精神性を新たな世代に伝えている。内間さんの記事はhttps://www.instagram.com/gachimaya/またはhttps://www.facebook.com/theGachimaya/で読める。