【山城博明通信員】ボリビア・サンタクルス市沖縄県人会(知花勇会長)主催の新年会および会員子弟の新成人への激励会が8日、同市内にある県人会の多目的コートで行われた。

新たな1年がいい年になるよう祝った新年会=サンタクルス市

 知花勇サンタクルス市沖縄県人会会長は「今年も会員にとって実り多き一年となるように」と良い1年であることを願い「新成人者には努力、勤勉、誠実さをもって夢実現に向かってまい進してほしい」とエールを送った。

 昼食には沖縄そばとヒージャー汁、ヒージャー刺し身などが振る舞われ、参加者は舌鼓を打ちながら近況の話などで盛り上がった。

 余興は「かぎやで風」で幕開けし、大正琴、空手演武、琉球國祭り太鼓ボリビア支部のメンバーによるエイサーなどが披露された。最後は会場のみんなが参加してカチャーシーでフィナーレとなった。