沖縄県教員採用試験や県教育庁の幹部人事で県教育委員会の方針に安慶田光男元副知事が介入したと県教委が認定したことを受け、翁長雄志知事は24日午後、「安慶田氏にあらためて問い直したい。教育庁と連絡を取りながら詰めていきたい」と述べ、調査を続ける意向を示した。県庁で記者団の取材に応じた。

記者の質問に答える翁長雄志知事=24日午後1時半すぎ、沖縄県庁

 翁長知事は「今もって1回も『もしかしたら』というものがなかった。(安慶田氏は)全面的に否定していた」と強調。「介入があったという疑念が出ているが、全面解決というものではないと思う」と述べ、安慶田氏が介入したという事実は確定していないとの認識を示した。

 また「安慶田氏の行動に疑念が生じた。それが白であれ黒であれ、私からすると任命責任があるということで重大に受け止めている」と、自身の責任に言及した。

 県教委は24日午前に会見を開き、当時の県教委幹部に再度調査をした結果、「安慶田氏からの働き掛けがあったと認定せざるを得ない」との結論を公表していた。