自民党県連の照屋守之会長は24日、沖縄県議会内で会見し、安慶田光男前副知事の教員採用試験などへの関与を県教育委員会が認定したことを受け、2月定例会で百条委員会の設置を提案する考えを発表した。与党や中立の会派に設置を働き掛ける。

安慶田光男前副知事の「口利き」問題を解明する百条委員会の設置を提案する考えを示す照屋守之自民党県連会長(中央)ら=24日、県議会

 百条委は地方自治法100条に基づき地方議会が設置できる特別な委員会。特別な理由がなく出席や証言を拒むと禁錮刑や罰金を科されるなど強い権限を持つ。

 照屋氏は「安慶田氏の関与があったと認められただけでなく、翁長雄志知事が事実を隠蔽(いんぺい)して辞職を承認したと受け止められても仕方がない状況だ」と指摘。安慶田氏や翁長知事、教育委関係者らから「口利き」の事実関係やその後の調査、県の対応などについてただしたい考え。

 自民は2月定例会の前にも、県議会の文教厚生委員会の閉会中審査を行いたい考え。自民から要請を受けた狩俣信子委員長が、各会派と今月30日に審査の在り方を協議する。