北谷町内で出土した、東日本で縄文時代晩期(約2500年前)に作られたとみられる土器破片の確認は、同時期に沖縄と東日本の文物の往来があったことを示唆する貴重な発見だ。県内で確認された最も遠方の土器遺物の可能性があり、今後、他地域との広域的な交流を考える際の重要な参照項になる。