日本サッカー協会は25日、こころのプロジェクト「夢の教室」と題した授業を中城村立中城中学校で行った。プロ野球中日の又吉克樹投手が「夢先生」として招かれ、生徒は仲間と協力することや夢を持ち努力することの大切さを学んだ。同村では初めての開催。

生徒たちと課題解決のため話し合う又吉克樹投手=中城村立中城中学校

 又吉投手から学んだのは2年3組の生徒34人。

 1時間目は体育館で体を動かしながら、「だるまさんがころんだ」や「鬼ごっこ」で交流した。生徒は遊びの中でも、どうしたらクラス全員が与えられた課題をクリアできるかを考えた。又吉投手は話し合いの中で、しっかりと伝えたい言葉を口にし、相手の意見も尊重することの大切さを説いた。