【東京】県の教員採用試験での働き掛けと県教育庁の幹部人事への介入の疑惑で辞任した安慶田光男前副知事が、文書で証言した諸見里明前教育長を名誉毀損(きそん)の疑いで刑事告訴したことについて、翁長雄志知事は26日、「大変由々しいことだと思っている。トップの知事としては、このこと自体を重大に考えている」との認識を示した。出張先の都内で記者団の取材に答えた。

翁長雄志知事

 翁長氏は、その上で「県民の不安や心配を取り除き、県政にいわゆる期待が持てるようにできるか、説明を含めてしっかりやれるかどうかが大変重要だと思う」と述べた。

 安慶田氏に事実関係の聞き取り調査をするかどうかについては、「(出張から)帰ってから改めてどのように対応するか考えたい」と述べるにとどめた。

 翁長氏によると、25日午前に安慶田氏から電話があり、刑事告訴や記者会見することを検討していると告げられたという。

 安慶田氏が26日の記者会見で、県教育庁人事に関して各関係者からの推薦要望や意見を前教育長に伝えていたことに関しては、「そういった事実はないとしか聞いていない。(安慶田氏が)任期中にそういったことに関与しているとか、私自身聞いたこともないですし、よそからも聞かされたこともない」と述べ、把握していなかったとした。

 後任の副知事の人事に関しては「根を詰めて考える余裕はない」と述べるにとどめた。