県の教員採用試験や県教育庁人事への介入疑惑を巡り安慶田光男前副知事が、告発した諸見里明前教育長に対し、名誉毀(き)損(そん)での刑事告訴と民事訴訟を提起した。

 異例の事態だ。副知事の疑惑発覚と辞任による県政の混乱が、さらに長引くのは間違いない。翁長雄志知事は2氏の任命権者として、速やかな真相究明と事態の収束を図るべきである。

 辞任後初めて記者会見を開いた安慶田氏は冒頭「一連の疑惑について自分の口からしっかり説明することが、県民の皆さまに対する誠意であり義務であると考え、本日この場を用意した」と自らの説明責任に触れたが、残念ながら会見は、それが果たされる場とはならなかった。

 自身の潔白を主張する文書を読み上げた安慶田氏は前教育長との確執をにおわせ、県の教員採用試験に介入したとの証言を「作り話」と一蹴。「そのような不正をする動機も必要も私にはなかった」と強く否定した。

 しかしその後は、記者の質問に直接答えることはなかった。記者とのやりとりは同席の弁護士が応じ、安慶田氏は弁護士に小声で指示を与えることに終始した。

 唯一自身の言葉で答えたのは、前教育長の告発文書の存在を知ったのが「辞任後だった」という点だけで、県民への説明責任を果たしたというには不十分というほかない。

 会見で安慶田氏が沈黙する理由となったのが、前教育長に対する告訴と民事訴訟だ。翁長知事も、一度は実施を示唆していた県の調査について「しっかりと考えてから話をさせていただきたい」と慎重姿勢に転じている。

■    ■

 県民が納得できる調査結果の公表がなければ、事態の泥沼化を招く。翁長知事は、県政の責任者として公明正大な調査の実施を急ぐべきだ。

 会見で安慶田氏は自らにかけられた疑惑のうち、県教育庁への人事介入については一部を認めた。

 副知事だった自身の元に議員や教育庁幹部、校長や教員OBなどから人事の推薦や要望が寄せられたとし、そのいくつかを前教育長に口頭で伝えたという。

 しかしいずれの人事も実現しておらず、まして恫(どう)喝(かつ)や指示はなかったとして、いわゆる「不当な口利き」には当たらないとの認識を示した。

 「口利き」とは仲介・あっせんすることだ。副知事だった安慶田氏が、寄せられた要望を担当者に伝えること自体が仲介・あっせんそのものであり「不当な口利き」となる危険性は十分に予測できたのではないか。

■    ■

 人事介入について安慶田氏は「軽率なことをしたと深く反省している」と陳謝したが、副知事の自覚があまりに足りなかったと言わざるを得ない。

 安慶田氏の発言からは、県庁内で「口利き」が横行する実態の一端も見えた。これらは現県政に限ったことではなく「これまでにもあった」とする県教委元幹部の証言もある。

 再発防止策の確立が急がれることは言うまでもない。