昨年7月、東村高江のヘリパッド建設に抗議する50代男性を、運転する機動隊車両でひいて軽傷を負わせたとして、県警は26日までに、20代の男性機動隊員を過失運転致傷容疑で書類送検した。ヘリパッド建設に伴う警備で警察官が書類送検されるのは初めて。

機動隊の車両(東村高江)

 事故は7月21日に米軍北部訓練場N1ゲート付近の県道70号で発生。けがをした男性らによると、車両のバンパーが男性の背中に接触し、その場に倒れたが、運転していた機動隊員は車から降りずに現場から立ち去ったという。

 県警は立件する方針を決め、8月31日に事故現場で実況見分した。機動隊員の認否などについて県警は「書類送検の事案では詳細な公表をしていない」として明らかにしていない。