翁長雄志知事が31日から米ワシントンを訪問し、名護市辺野古への新基地計画阻止を訴える。2014年の知事選時から沖縄の基地問題を国際社会に訴えることを掲げ、これまで米ワシントンのほか、スイス・ジュネーブでの国連人権理事会で基地負担の不平等や不条理を発信してきた。これまでの知事の訪米などを振り返る。