沖縄県教員採用試験や県教育庁幹部人事への介入疑惑を受け引責辞任した安慶田光男前副知事の後任に関し、翁長雄志知事は30日、「議会まで間がないが、その間に新しい副知事が出てきたらありがたい」と述べ、2月15日開会予定の県議会2月定例会の冒頭に人事案を提出する意欲を示した。

 米ワシントンへ出発前に県庁で記者団の取材に応じた。

 知事は「帰国後、速やかに人選に入りたい」と語った。一方、今後の介入防止策に関し「全国の事例を一日も早く調査し、しっかり対応していきたい」と述べるにとどまった。

 知事はこれまで、安慶田氏へ調査協力を求める考えを示していたが、安慶田氏が介入したとする「告発文書」を出した前教育長に法的措置をとって以降、連絡をしていないという。