30日午後1時19分、航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機1機が那覇空港から離陸しようとしたところ、前輪タイヤが脱輪した。滑走路は閉鎖され、ヘリ以外の離着陸ができない状態が続いている。那覇空港事務所は午後2時20分現在で、「再開のめどは立っていない」とコメントしている。

那覇空港滑走路でトラブルを起こした自衛隊機=30日午後2時37分

前輪が外れて那覇空港の滑走路上で停止した空自のF15DJ戦闘機(航空幕僚監部提供)

那覇空港滑走路でトラブルを起こした自衛隊機=30日午後2時37分 前輪が外れて那覇空港の滑走路上で停止した空自のF15DJ戦闘機(航空幕僚監部提供)

 同空港事務所によると、F15戦闘機は4機編隊の訓練で離陸しようとしたところ、最後の1機が滑走路南側で脱輪したと那覇基地から報告があった。

 空自は、燃料を一部抜き取り、機体を持ち上げた上で、代替タイヤなどを設置して移動する予定。

 離着陸ができないため、那覇空港着の航空機は上空で待機中。同空港事務所は「今後は目的地変更の便も出てくる可能性もある」と話している。

<追記>滑走路閉鎖の那覇空港、運航再開 到着便複数が目的地変更(2017年1月30日 15:28)