任期満了に伴う沖縄県浦添市長選と浦添市議選が5日に告示され、市長選には正午時点で現職で2期目を目指す松本哲治氏(49)=無所属、自民、公明推薦=と新人で前浦添市議の又吉健太郎氏(42)=無所属=が立候補した。2氏の一騎打ちとなる公算が大きい。12日投開票で、同日選挙の同市議選には定数の27議席に対して36氏が立候補している。

浦添市長選挙への立候補を届け出た松本哲治氏(右)と又吉健太郎氏

 那覇軍港の移設問題や西海岸開発の手法、公約の在り方などが争点となる。

 軍港の浦添移設について、松本氏は「国、県、那覇市と足並みをそろえる」とし、容認の立場を取る。又吉氏は、市民投票を公約に掲げ「民意を尊重する」としており、2氏にスタンスの違いが見られる。

 西海岸開発は、松本氏が現行計画を見直す立場に対し、又吉氏は同計画を軍港移設と切り離して推進する考えだ。

 浦添市選管によると、4日現在の選挙人名簿登録者数は8万8665人(男性4万2611人、女性4万6054人)。