那覇空港の滑走路で航空自衛隊那覇基地所属のF15戦闘機が脱輪したことを受け、那覇市議会(翁長俊英議長)は6日の市議会臨時会で、原因究明と再発防止を求める2つの意見書案を賛成多数で可決した。宛先はいずれも首相、防衛相、国交相など。

前輪が外れて滑走路上に停止した航空自衛隊のF15戦闘機=30日午後2時37分

 那覇空港滑走路増設事業の早期実現を盛り込んだ自民会派案と、同空港の民間専用化を求める新風会など4会派案の両案が提案され、他会派などがいずれも賛成に回った。市議会は意見書案の全会一致を目指したが民間専用化などをめぐり意見がまとまらなかった。