自民党の二階俊博幹事長は6日の会見で、沖縄県名護市の辺野古新基地建設の海上工事が始まったことについて「政府は時間的なこともあり、早期再開を願っての行動だと思う。沖縄の了解が十分に得られていない状況での出発。慎重の上にも慎重にやり、対立を深めることがないように期待する」と述べた。

二階俊博幹事長