今回の暴行事件は「超重大事態」であるにもかかわらず、それを認識していないことにあきれてしまう。教育委員会の「危機管理意識が不十分だった」との発言にも疑問を抱く。子どもの命や安全を守る意識が弱いとしか言いようがない。

教育評論家の尾木直樹さん

 「危機」とは教委や学校の危機管理ではなく、生徒に危機感を抱かせていると認識すべきだ。事件後に不登校となったのに、重大事態と捉えていなかったことはなぜか。調査委での検証が求められる。ただ調査委を立ち上げるだけではなく被害者側に立つことが重要で、第三者を加えたメンバーは慎重に構成するべきだ。

 大津でのいじめ自殺事件の調査委のメンバーを務めた時は、遺族の意向も聞いた上で県外の人間で構成した。行政が選ぶとなれ合いになり、しっかりとした検証ができない。県外の学者を入れるなど、厳しく選ぶべきだとくぎを刺したい。(談)

【関連】いじめ暴行動画、教委「重大性の認識足りず」 生徒不登校に(2017年2月8日)

【関連】中学生「暴行動画」 調査委に第三者の目を 荻上チキさん(2017年2月4日)

【関連】同級生を暴行、動画で拡散 沖縄本島中部の中学(2017年1月31日)