沖縄県警豊見城署は6日、警察官の停止指示に従わず、小型バイクで信号無視や一方通行の逆走を繰り返し、衝突事故を起こした那覇市の自称会社員の男(43)を道交法違反(赤色信号無視)容疑で現行犯逮捕した。「正社員になって初出勤だったが、遅刻しそうだった」と話しているという。

パトカー(資料写真)

 午前8時20分ごろ、片側1車線の交差点で男のバイクが前方車両を追い抜いたところを警察官が確認。停止を指示したが男は逃走し、2度の信号無視後に一方通行を逆走した。

 豊見城市伊良波の市道で軽貨物車両と正面衝突した後、バイクを放置して再び逃走。スーツにネクタイ姿で畑の中を約200メートル逃げたところで現行犯逮捕された。左ひじや、あばら骨を骨折していた。「急いでいたので逃げた」と話しているという。