沖縄県教育庁は2017年度入学の県立高校一般入試の初回志願状況を9日に発表した。志願倍率は全日0・99倍、定時制0・42倍。全・定合わせて0・97倍で、前年度と同じだった。

 一般入学の定員(特別募集含む)は全日制1万2502人、定時制520人で全・定合わせて1万3022人。志願者は全日制が1万2414人、定時制は216人で、全・定合わせて計1万2630人だった。

 志願倍率が最も高かったのは那覇商業(全)国際経済の2・23倍。

 志願変更の申し出期間は15、16日。願書取り下げ、再出願期間は22、23日。最終志願状況は23日夜に県教育委員会のホームページに掲載する。試験日は3月8、9日。合格発表は15日。