沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブに10日午前、作業員を乗せたとみられる車両2台が入った。正午すぎには、ゲート前で新基地建設に反対し座り込みをする市民約40人が機動隊員に強制排除され、工事関係車両8台が進入した。

座り込む市民を強制排除する機動隊員=10日午後0時10分すぎ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 辺野古沖の海上では、沖縄防衛局が海中に大型コンクリートブロックを投下する作業を続行した。午前中に少なくとも4個が投入された。沖縄本島地方に波浪警報が出されているため、市民らは海上での抗議行動を見送った。