沖縄県の翁長雄志知事は10日、安慶田光男前副知事の後任に、県政策参与で元沖縄国際大学長の富川盛武氏(69)を充てると発表した。名護市辺野古の新基地建設を含む米軍基地問題担当で部長級の「政策調整監」を復活し、元金武町長で前県議の吉田勝廣氏(72)を登用することも明らかにした。副知事人事案は15日に開会する2月定例会に提案、吉田氏は県内部の手続きが終わり次第就任する。

富川盛武氏(右)と吉田勝廣氏

 翁長知事は富川氏を選任した理由を「県経済や振興施策に精通している」と説明。基地経済への造詣が深いことを挙げ「基地問題や沖縄振興に力を発揮してほしい」と期待感を示した。富川氏は基地問題も担当する。

 吉田氏に関しては「米軍基地問題に精通し、対政府交渉のノウハウもある。最重要課題の基地問題で総合調整を担ってもらう」と説明。基地問題に関し「国との話し合いにはスピーディーかつ柔軟性が求められる」と述べ、安慶田前副知事が担当してきた政府側との交渉役などを担うことを明らかにした。

 吉田氏は米軍キャンプ・ハンセンを抱える金武町の町長を2期務め、県議4期を歴任。基地問題に詳しく、県議会では米軍基地関係特別委員会にも所属していた。

 政策調整監ポストは2004年まで設置されていたが、組織改編で廃止された。県は早急に行政組織規則の改正手続きに着手する。

 ことし1月、教員採用試験を巡る口利き疑惑で安慶田副知事(当時)が辞職。翁長知事は、新たな副知事の選任を急ぐ考えを示していた。県政発足時から副知事を務める浦崎唯昭氏も引き続き任を務める。