東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が情報番組「ニュース女子」で米軍ヘリパッド建設への抗議行動を取り上げた1月2日の放送について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は10日、委員の全会一致で審議入りすることを決めた。今後、同局関係者の聞き取りなどを経て、放送倫理違反があるかどうかを判断し、同委の見解を「意見」としてまとめる。

 委員会後、弁護士の川端和治委員長が記者団の取材に応じ、「明らかに事実の間違いが報じられていることから考えて、(MXテレビの)考査の段階で全く見逃されているのは問題になり得る」と述べ、同局の考査担当者にヒアリングする考えを示した。

 MXテレビ側からは、制作会社の番組制作過程や、持ち込まれた番組の検討(考査)に関する経緯を説明した報告書が提出された。

 川端委員長によると、報告書には「(番組内の)表現、(事実関係の)裏取り、取材の突っ込み方について、適切でないところがあった」との趣旨の記述があり、「今後も多様な観点からさらに取材を続ける」との結論になっていたという。同委は、「意見」よりも強い「勧告」「見解」を出すことができる「審理」入りは見送った。川端委員長は「(番組が)捏造(ねつぞう)放送ということになれば審理だが、そういう議論はなかった」とした。

 番組を巡り、ヘイトスピーチ(憎悪表現)に対抗する団体「のりこえねっと」の辛(シン)淑(ス)玉(ゴ)共同代表が、BPOの放送人権委員会に人権侵害を申し立てており、二つの委員会で審議される見通し。MXテレビは「審議入りを真摯(しんし)に受け止め、今後の審議にも誠意をもって協力します」とのコメントを発表した。