沖縄大学は7日に実施した一般入試(前期)のうち、こども文化学科の国語の試験で解答用紙の代わりに模範解答を配布する不手際があったと10日に発表した。一部の問題は同科の受験生全員を正解とした。合否への影響はないという。

大学入試(※資料写真)

 誤って模範解答を配布したのは同科の受験生41人のうち3人。開始から2~3分後、受験生からの申し出で発覚した。

 このため、この受験生たちが目にした可能性のある最初のページの26問(100点満点中38点相当)は、受験生全員を正解とした。

 沖大は「入試問題の管理や確認作業を強化し、再発防止に努める」としている。