2017年(平成29年) 12月13日

沖縄タイムス+プラス ニュース

若年性認知症の「今」を本に クラウドファンディング目標額達成

 沖縄県豊見城市に住む若年性認知症の当事者、大城勝史さん(42)が体験記を出版する夢をかなえる。必要な資金をインターネットで募るクラウドファンディングが10日締め切られ、270人から総額236万9500円が集まった。150万円の目標額を大幅に上回り、「これまで支えてくれた全ての人たちに感謝しながら、心を込めて本を完成させたい」と誓った。

「たくさんの支援に感謝したい」と話す大城勝史さん。自宅パソコンには自身の体験をこつこつと書きためた「10万5千字」が保存されている=10日、豊見城市

 沖縄タイムス社のクラウドファンディング事業を使い、昨年11月23日に始まったプロジェクトは目標額に達した場合だけ実行されるルール。「大城さんがいてはることが私の生きる糧」「認知症のイメージが変わり、多くのことを気付かせてくれた」。県内外からの激励に勇気付けられた。

 150万円を突破した1月26日の記憶はないが、自分のブログには喜びと共に〈明日からは気持ちを切り替える〉との一文があり、「いかにも私らしい」とほほ笑んだ。

 5年ほど前まで自動車販売の営業職。「契約が成立すると、その日だけ大喜び。翌日からは納車やアフターケアに集中した。お客さんに満足してもらえなかったら台無し」と話す。

 今回も同じ思いだ。昨年以降のメディア取材や講演会などの記録を読み返しながら「すごく緊張するタイプなのに『ようやっているなあ』と思う。でも『伝えたい』との気持ちが勝っているからこそ、できる。楽しみにしていてください」と決意をのぞかせた。

 本は6月以降、支援者に届けられる予定。残りは県内の主要書店で販売する。

認知症の私は「記憶より記録」
大城勝史
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 158,134

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間