この変身ぶりはどうだ。駐留経費の全額負担か米軍撤退か、と鼻息も荒く迫っていたトランプ米大統領。安倍晋三首相と会談し、「米軍を受け入れている日本国民にも感謝したい」と礼儀正しく述べた

▼読み解く鍵は安倍氏自身が昨年、国会答弁で示している。在日米軍を「米国の前方展開戦略の要」「米国の権益も守っていく」と表現した。トランプ氏当選直後のことだった

▼あまり話題にならなかったが、日米安保は米国に得な取引、という本質を明かした発言だ。米軍を引き留めるために言わざるを得なかったのだろう。トランプ氏もすでに「得」に気付いたと見える

▼尖閣諸島に安保を適用すると確認したのも、報道の論調と実態はだいぶ違う。安保はもともと日本の施政下にある領域が対象で、尖閣の現状は確かにその通り。万が一、中国の施政下に変われば適用されない。それだけのこと

▼米国が尖閣を防衛するかは疑わしい。領有権が日中どちらにあるのか、立場を表明していない。一部の島を日本から射爆撃場として借りているのに無責任だとも言える。それが米国であり、外交でもある

▼安倍氏は世界が批判するトランプ氏の差別的言動に目をつぶり、心中する覚悟のようだ。トランプ氏の側はどうだろう。重ねた手を握り続けるか離すか。損得勘定次第かもしれない。(阿部岳)