【浦添】12日投開票の浦添市長選で再選を果たした松本哲治さん(49)は一夜明けた13日、市役所に初登庁し、出迎えた職員がつくる花道を手を振ったり、お辞儀したりして歩き、「市民の皆さん、ただいま」とあいさつした。

職員に拍手で出迎えられ、笑顔で登庁する松本哲治浦添市長=13日午前10時30分、浦添市役所

 この日は、11日に任期が切れて2日後。「必ず(市長として)戻ろうと決め、あえて整頓はしなかった」という執務室に入った。続く当選証書付与式には、妻の郁子さん(49)や支持者ら10人と臨んだ。

 4年前の初当選時は「初めての選挙後で高揚感もあり、初日をどう過ごしたのかよく覚えていない」。今回は終始、神妙な面持ちだった。米軍那覇港湾施設(軍港)移設受け入れ反対から容認に転じた公約撤回後、初めて民意の審判を受けたとあって、証書を手に「ずっしりと重みを感じる」と語った。

 前日の再選決定から未明まで祝福を受け、早朝は市内の大平交差点で有権者に感謝を示そうと手を振った。夕方のテレビ出演までびっしり予定が詰まった2期目初日。「本当は1週間くらいバカンスを取りたい」と冗談を交えつつ、「でも、走り続ける緊張感がいい」と今後の街づくりを見据えた。