沖縄タイムス+プラス ニュース

来年も名護拠点案 日本ハムキャンプ 市がブルペン新設検討

2017年2月14日 08:42

 【名護】日本ハムの島田利正球団代表は13日、キャンプ地の名護市営球場で稲嶺進市長と懇談し、来年の2次キャンプも名護を拠点にする案があると伝えた。ブルペンやクラブハウスの新設が必要で、市側は検討する考えを示した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム

沖縄タイムスのお得な情報をゲット!

友だち追加
LINE@

沖縄タイムスのおすすめ記事をお届け!

友だち追加
LINE NEWS