【名護】日本ハムの島田利正球団代表は13日、キャンプ地の名護市営球場で稲嶺進市長と懇談し、来年の2次キャンプも名護を拠点にする案があると伝えた。ブルペンやクラブハウスの新設が必要で、市側は検討する考えを示した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。