インターネットサービスのワイズバンク(宜野湾市、奥浜正樹代表)は、運転代行業者を呼び出せる無料アプリ「運転代行どこがパッと来る」を利用すると、飲食店のドリンク1杯無料と代行料金を200円割引するサービスを始めた。奥浜代表はアプリの普及で、「飲酒運転撲滅につなげたい」としている。

アプリのサービスをPRする奥浜代表=13日、沖縄タイムス社

 サービス拡充に必要な資金は、沖縄タイムス社のクラウドファンディングサービス「Link-U(リンクユー)」で集めた。利用者がアプリを通して運転代行を依頼すると、協力している10社の中から、15分以内に到着できる業者が電話連絡する仕組み。

 ドリンク1杯無料と代行料金200円割引がセットになったチケットを作成。アプリに登録している飲食店から、利用するたびにプレゼントする。飲食店は、来店客のために代行業者を探す手間が省ける上、アプリで自店をPRできる。同社は、アプリの登録店を募集している。登録は無料。問い合わせは同社、電話098(963)7799。