2017年(平成29年) 11月23日

沖縄タイムス+プラス ニュース

「J3の2位以内狙う」 FC琉球・藤澤、開幕へ向け決意

 Jリーグは13日、東京国際フォーラムで開幕前恒例のキックオフカンファレンスを開き、J1からJ3の全54クラブの監督と選手代表が出席して意気込みを述べた。今季からFC琉球(J3)の主将を務める藤澤典隆は「良い調整ができており、昨年以上に勢いを感じる。J2自動昇格となる2位以内を狙う」と決意を語った。

開幕戦の相手、栃木の廣瀬浩二と握手をする琉球の藤澤典隆=東京国際フォーラム(小笠原大介撮影)

 昨季J3で16チーム中8位に終わった琉球は、金鍾成監督が2年目の指揮を執る。リーグ3位の13点を挙げた田中恵太がJ2水戸に移籍したが、大学生や外国人の若手を中心に補強。金監督は「2季目の選手も多く、戦術の理解度などは昨年よりハイペースで進んでいる。3-1で勝つサッカーは変えず、去年以上に攻めていく」と語った。

 藤澤は開幕戦の相手、栃木SCについて「堅守のチーム。先に主導権を握り、勝ち点3を取って沖縄に帰る」と白星スタートを誓う。栃木の廣瀬浩二も「ボールを動かす琉球に対して積極的に奪いに行く。ホームなので負けるわけにはいかない」と闘志を見せた。

 今季からJ2岡山に完全移籍した33歳の赤嶺真吾(小禄中-鹿児島実高-駒大出)はJ1昇格を目指す。今月初旬に負った左足肉離れは「だいぶ良くなっている」と良好な様子で、「ベテランと言われる年齢だが、まだやれることをゴールで証明したい」と語った。 

 リーグは10年間で約2100億円の大型契約を結び、今季から全試合を「DAZN(ダ・ゾーン)」で中継、配信する。スマートフォンやタブレット端末による視聴環境の変化やファン層の拡大を見込み、組織体制の見直しや新事業構想なども発表された。

 村井満チェアマンは「25年目の節目にあるJリーグは、本格的な大競争の時代に突入する。次の四半世紀を目指して動いていく」と、改革への意気込みを示した。J1は25日、J2は26日、J3は3月11日に開幕する。(小笠原大介東京通信員)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス