衆院予算委員会は15日、地方公聴会を那覇市内のホテルで開いた。県内から首長、経済人、有識者が出席し、沖縄振興や基地問題を巡り意見を陳述。次期副知事候補で県政策参与の富川盛武氏は、沖縄振興一括交付金が減額された根拠の明確化を求め「基地と振興のリンクがあってはならない」と指摘した。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。