那覇空港第2滑走路の増設工事で、県の岩礁破砕許可が切れたことに関し、沖縄総合事務局の成瀬英治開発建設部長は「県の強い要望を受けて始めた事業。できるだけ早く審査してほしい」と述べ、早期の許可に期待感を示した。16日、定例記者会見で質問に答えた。

那覇空港

 総合事務局は1月10日付で県へ新たに許可を申請。県からは1月25日に「資料の一部の追加や修正をお願いしたい」と返答があった。2月8日に追加資料をあわせて提出した。県水産課によると、現在、審査中で許可にはいたっていない。

 国は現在、岩礁破砕を伴わない工事をしている。