築50年以上の古民家を改築したユニークな沖縄そば屋が那覇市楚辺にある。2009年オープンの「沖縄そば 楚辺」。國吉真店長(38)は「もともとは祖父の持ち家で、沖縄そば屋を立ち上げる時に、ほぼ手作りでリフォームをしたんです」。店内には祖父が残した掛け軸などの美術品も飾られ、当時の趣を残す。古民家が醸し出すアットホームな空間が心地いい。

國吉真代表おすすめの軟骨ソーキそば定食(850円)トロトロの軟骨は絶品

店内は古民家を改築したアットホームな雰囲気=那覇市楚辺

國吉真代表おすすめの軟骨ソーキそば定食(850円)トロトロの軟骨は絶品 店内は古民家を改築したアットホームな雰囲気=那覇市楚辺

 國吉店長のおすすめは軟骨ソーキそば(650円)。豚骨のほか、カツオなどの魚介でしっかりだしを取ったスープに、こしのある自家製細麺、さらに4~5時間煮込みトロトロになった軟骨ソーキがマッチし箸が進む。

 三枚肉そば(650円)やてびちそば(650円)、本ソーキそば(700円)などもある。プラス200円でジューシーやもずく酢、小鉢付きの定食にできる。

 超大盛りの「楚辺そば」(1800円)は直径32センチの巨大な器を使い、麺は通常のボリュームの3倍、てびちなど4種のお肉を全部乗せたガッツリメニュー。「麺大盛りでも足りない」という常連客を満足させようと、國吉店長が考案した。

 「一日一食は注文があり、一人で食べきる人もいます。カップルで楽しんでもOK」と國吉店長。3人以上での注文はできないのでご注意を。

 氷ぜんざい(400円)やミルク氷ぜんざい(500円)などのデザートもある。また夜メニューとして、新鮮な「いまいゆ」を使った魚汁定食(1300円)、魚のあんかけ定食(1400円)なども用意。団体の貸し切りの相談も可能。模合などでの利用もよさそうだ。(社会部・又吉俊充)

 【お店データ】那覇市楚辺2の37の40。営業時間は午前11時半~午後9時。年中無休(正月、旧盆除く)。お座敷80席、テーブル10席。駐車場あり。電話098(853)7224。