沖縄県警糸満署は17日、酒気を帯びた状態で車を運転したとして、県立高校の臨時教員の男(26)を道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで現行犯逮捕した。呼気から基準値の2倍弱のアルコールが検出されたが、「酒はまったく飲んでいない」と容疑を否認しているという。

 逮捕容疑は17日午前0時15分ごろ、糸満市西崎の市道で、酒気帯び状態で普通乗用車を運転した疑い。

 巡回中のパトカーが、方向指示器を点灯させずに左折する車を見つけ、呼び止めたところ、臨時教員からアルコールのにおいがしたという。