名護市辺野古のキャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で17日午前、機動隊が新基地建設に反対し、座り込む市民ら約20人を強制排除した。工事車両の出入りに伴って、2回排除した。

座り込む市民を排除する機動隊員=17日、名護市辺野古キャンプ・シュワブゲート前

 市民らは早朝から「新基地建設阻止」「辺野古の海を守れ」などと書かれたプラカードを掲げて抗議の声を上げた。

 一方、市民によると、海上では作業船がコンクリートブロックを少なくとも9個、海中に投下したのが確認された。