3月4日に開館する沖縄空手会館(豊見城市豊見城)の報道向け内覧会が17日、行われた。会館は競技コート4面がある道場施設、奉納演武などを行う特別道場、展示施設の3棟で構成され、敷地面積約3・8ヘクタール、延べ床面積は7810平方メートル。

「空手発祥の地・沖縄」を国内外に発信するための拠点として造られた沖縄空手会館の道場=17日午前、豊見城市字豊見城

 道場は床材にアカマツ、壁にヒノキを使用。観客席380席、立ち見含め600人を収容。鍛錬室やセミナールームを備える。展示施設には空手の歴史を学べるシアター設備や体験型コーナーもある。

 3月4日は県無形文化財保持者らの奉納演武や落成式典、シンポジウムがある。5日に一般公開され、同日の展示施設は見学無料となる。