【東京】内閣府は17日、南城市内の公道で実施するバスの自動運転の実証実験を3月20日からスタートさせると発表した。本格的な公共バスへの適用に向けた実証実験は全国初の試みという。

あざまサンサンビーチ

 鶴保庸介沖縄担当相は同日の記者会見で、「沖縄が最先端の交通システムを持ち得るようにしていければと思う。それが全国の過疎の村などの交通弱者と言われている方々の救いになるようなモデルケースをつくることが目標。沖縄の渋滞の深刻化の回避のためにもできる限り早く実効化したい」と意欲を語った。

 実験では、同市のあざまサンサンビーチ周辺の市道で、小型バスを走行させ、バス停に隙間なく正確に到着する技術や、走行ルートでの車線維持制御の安定性などを検証する。約1週間程度の実験を経て、来年度以降、より高度な実証実験を実施する。

 実験は、政府が推進する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の一環。実証実験の映像をインターネット中継で公開する。詳細は今後、SIP自動走行システムのホームページに掲載する予定。