「沖縄観光危機管理シンポジウム」(主催・沖縄県)が17日、那覇市内のホテルであり、大阪府企画・観光課の山下雄也主査が外国人観光客の安全確保に向けた府の取り組みを紹介した。昨年4月の熊本地震を受けて観光庁が宿泊施設向けの全国版マニュアル策定を目指している。