名護市辺野古の新基地建設で、政府が攻勢を強めている。トランプ米新政権と「辺野古が唯一の解決策」との合意を取り付け、海上工事に着手。年度明けにも土砂の海中投下にこぎ着けたい考えだ。対する翁長雄志知事は、埋め立て承認撤回のカードを切るタイミングを模索する。