【久高泰子通信員】健康への関心が高まる中、フランスや仏語圏で健康に関するサイト「Parcours Okinawa(沖縄早巡り)」などが評判だ。その中で健康保持の情報を執筆し講演している中心人物がジャン・ポール・キュルティ医学博士。「栄養治療学」という分野を開設し、飲食物で健康を保持・増進を図るとする博士が主な健康法の一つとしているのが沖縄の食法だ。

今年末に沖縄を訪れ健康長寿について視察するキュルティ博士

 キュルティ博士は今年11月中旬から約2週間、健康に関するサイトやメディアの編集者、ロドルフ・バッケさんらと共に沖縄に滞在し、長寿沖縄の生活、環境から健康法を探る。

 「沖縄プログラム」の著書で沖縄長寿を世界に知らしめた沖縄長寿科学研究センター長の鈴木信博士が同行し、大宜味村や那覇市の牧志公設市場などを視察。キュルティ博士の講演・解説とともに、後日「Parcours Okinawa」のサイトと雑誌で紹介するという。