■辺野古の姿勢一貫する知事 SACO容認 「私は、日米安全保障体制の必要性を理解しております」。翁長雄志知事は15日の県議会2月定例会の冒頭で所信表明演説に立ち、米軍基地問題について、こう切り出した。そして「辺野古の新基地建設に反対し、普天間飛行場の県外移設を求めてまいります」と続けた。