京都の有名店が一堂に集まる「第25回京都老舗のつどい 京都展」が21日から、デパートリウボウで始まる。過去最多の56社が出展。うち21社が初出展で、京おはぎやわらびもち、京履物、京人形などを多彩にそろえ、京都の食と工芸をPRする。27日まで。

京都展への来場を呼び掛ける章乃さん(左)と佳つ扇さん=20日、沖縄タイムス社

 京都で人気の阿闍梨あじゃり餅、はものちらしずし、イノダコーヒーもある。和紙工芸品、京刃物といった伝統工芸品も取りそろえる。

 今回から京都府物産協会が主催。安田容造会長は「京都を代表する老舗企業が集まる。京の物産を楽しんでほしい」と呼び掛けた。

 21、22日には祇園の芸妓(げいこ)と舞妓(まいこ)が京舞を披露する。写真撮影会も予定しており、章乃(ふみの)さんと佳(か)つ扇(せん)さんは「いろいろな舞をやるので、ぜひ見てほしい。気軽に声をかけて」と話した。