2017年(平成29年) 11月23日

大弦小弦

[大弦小弦]「あんた怒っているの?…

 「あんた怒っているの? そんなに大きな声で話さなくても聞こえてるよ」。嘉手納町屋良に住む女性(65)は、友人との会話の際に、よく指摘を受ける。無意識に大声で話していることに気づかされる

▼電話中に米軍機が飛ぶと、相手の話を何度も聞き返す。すると「あんた耳が悪いの?」と来る。こうした状況が暮らしの一部になっている

▼息子の一人は超未熟児で産まれた。人工呼吸器が外せない期間もあった。「いま考えると爆音のストレスだったかもしれないね」。息子はどんな音にも神経質になったという

▼米軍嘉手納基地周辺に住む住民約2万2千人が、国に米軍機の深夜・早朝の飛行差し止めなどを求めた第3次嘉手納爆音訴訟。あす23日に判決が出る。強引に生活に入り込む爆音。せめて深夜・早朝の静けさを、という切実な願いは届かぬままだ

▼女性は自宅でほそぼそと洋裁店を営む。細かい作業は何度も中断を余儀なくされる。事前に訓練だと分かっているときでも、煙が上がったり、大きな音が響くたびに恐怖と不安が襲う。寝ている間に何か起きないかと考えない日はない

▼裁判では米軍機の騒音と健康被害の因果関係を認めるかが焦点になる。女性は問う。「だれが止めてくれるのか」。暮らしや心身が脅かされる異常な状況を放置することだけは許されない。(赤嶺由紀子)

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

大弦小弦のバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間

注目トピックス