2017年(平成29年) 12月13日

沖縄タイムス+プラス ニュース

第3次嘉手納爆音訴訟きょう判決 対米訴訟は原告が控訴

 【中部】第3次嘉手納爆音訴訟の判決言い渡しが23日、那覇地裁沖縄支部(藤倉徹也裁判長)である。

FA18戦闘攻撃機=16日午前10時31分、米軍嘉手納基地

 また22日、原告の一部145人が米軍機の飛行差し止めや損害賠償を求めて米国政府を訴えた対米訴訟で、住民側は訴状を送達しないまま請求を却下した同支部判決を不服として、福岡高裁那覇支部へ控訴した。

 控訴について、新川秀清原告団長は「命を危険にさらす米軍基地に対し、司法にはっきりものを言わさないといけない」と訴えた。弁護団の神谷誠人事務局長は「米国に対する消極的な司法の姿勢を正すための控訴だ」と語った。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間