12日未明に恩納村山田の国道58号で小中学生3人が乗ったバイクが転倒し、那覇市の男子中学生(15)が死亡した事故で、石川署は22日、酒気を帯びた状態でバイクを運転し、事故を起こしたとして小学6年の男子児童(12)を自動車運転処罰法違反(無免許過失運転致死傷)と道交法違反(酒気帯び)の疑いで県中央児童相談所に送致した。

 同乗していた中学生の男女からはアルコールは検出されなかった。県警交通指導課によると、3人は「ドライブ」を目的に那覇から名護に向かい、那覇方面に戻る途中で事故にあったという。

 調べに対し、男子児童は運転していたことを認めているという。今後は児童相談所が非行状況などを調べ、処分を決める。

【関連】小中学生がバイク3人乗り、少年1人死亡 恩納村の国道(2017年2月12日)