那覇市で春季キャンプ中のプロ野球巨人の公式マスコット「ジャビット」が23日、那覇警察署(當山達也署長)の一日署長を務め、子どもたちと一緒に「高齢者の特殊詐欺・交通事故防止」をアピールした。

子どもにチラシを配るジャビット君=那覇市役所前

ポプラ保育園の園児のエイサーに見入るジャビット君と県警のシーサー君=那覇市役所前広場

子どもにチラシを配るジャビット君=那覇市役所前 ポプラ保育園の園児のエイサーに見入るジャビット君と県警のシーサー君=那覇市役所前広場

 ポプラ保育園のエイサー演舞で歓迎を受けたジャビット君。一日署長のたすきをかけると街頭に飛び出し、通行人に反射材キーホルダーや防犯を呼び掛けるチラシを配った。

 一部、しまくとぅばであいさつし、ジャビット君を戸惑わせた當山署長は「還付金詐欺や、ブレーキとアクセルを間違える交通事故が高齢者に多い。事件・事故に巻き込まれないよう意識を高めてほしい」と話した。

 セレモニーには那覇地区防犯協会の会員や開南小少年野球チームの児童ら約50人が参加。「振り込め詐欺防止運動を進める」「交通ルールを守り、夜は反射材を身に付ける」などの宣言を復唱した。