米軍機の騒音による健康被害の一部が認められた第3次嘉手納爆音訴訟の一審判決を受け、嘉手納基地周辺自治体の首長からは、米国に改善を促す根拠が示されたとして、日本政府に解決を求める意見が相次いだ。飛行差し止め棄却には根本的な解決になっていないとの批判が上がった。